新着情報

カテゴリー:
コラム千恵歯科医院の活動

つながりコラム(15)~よい歯の日に考えたい『よい歯』のこと

桜が散り、若葉が芽吹く今日この頃、みなさまいかがお過ごしですか?
さまざまなつながりを紹介しているつながりコラム。
今回のつながりコラムは、おうち時間が増えたからこそ
考えたい『よい歯』についてです。☆4月18日は語呂合わせで「よい歯の日」とされています。
『よい歯』のイメージはさまざまあると思います。
芸能人みたいにきれいな歯で思いっきり笑いたいとか、
毎日歯みがきしているから大丈夫!などなど・・・。
そんな中で、今注目されているのが
「噛める」歯かどうかということです。
言い換えれば、生きるための歯や口になっているかが
すごく大切になってきています。
今から約30年前、日本歯科医師会が8020運動を
提唱しました。これは<80歳で20本歯を残しましょう>
というものです。
人生80年の時代に、20本残せばしっかり生活ができると
考えられていたようです。
ちなみに乳歯から永久歯にすべて生え変わったとき、
親知らずを除けば通常口の中には28本が生えており、
上下左右の奥歯が2本ずつ失っても、人間らしい生活を
送れると思われていました。
この8020運動が世の中に浸透し、
最近の調査では80歳の二人に一人(51.2%)が
20本以上残っているという結果になりました。
しかし、この残った20本がしっかり機能しているのでしょうか?

当院の外来や訪問診療で拝見してみると、20本以上残っている方の
多くで、歯周病や虫歯が目立つ状況にありました。
また、同時に噛まない(噛めない)食生活になり、
ご自宅等での療養に少なからず影響を及ぼしているように感じます。


そこで「80歳でもしっかり噛める」生活を送るため、2つのお手伝いを
当院でできたらと考えました。

≪お手伝い①≫健診のすすめ
当院に定期検診でお越し頂いている患者さんに対しては、
以前と比較してのお口の状態を細かくお知らせすることができますが、
足が遠のいている方にとっては、歯科医院に一歩踏み出すのが
なかなか難しかったりします。
当院では各種無料健診の委託歯科医療機関となっています。
横須賀市から委託の歯周病健診
神奈川県後期高齢者広域連合から委託の後期高齢者広域連合歯科健診
横須賀市歯科医師会の妊婦歯科健診などです。
それぞれの健診で必要となる受診券が届きましたら、
当院にお問い合わせいただき、受診予約が可能です。
健診で歯や口のことを考えるきっかけになれば幸いです。

≪お手伝い②≫口腔機能検査
ここ数年ででてきた『オーラルフレイル』という言葉を聞いたことはありますか?
オーラルフレイル、日本語に直すと「口の衰え」となります。
口の機能が衰えると、全身(からだ)の機能が衰え、
さらに進行すると、介護が必要な状態になり死に至るリスクが高まる
との研究も盛んになされています。お口とからだがつながっている証ですね。
そこで、「最近かみにくくなった、飲み込みにくくなった、早食いになってきた」
など「口の衰え」が気になる方へ口腔機能の検査をおこなっています。
検査をおこない、異常が認められた場合には、
機能の改善、向上のための指導もおこないます。

2022年4月から、対象年齢が65歳以上⇒50歳以上へと
引き下げられ、対象範囲が拡大されました。
少しでも気になると感じた方はお気軽にお声かけください。

限りある人生を生き切るために、『よい歯』のこと、
考えてみてはいかがでしょうか。

========
千恵歯科医院
神奈川県横須賀市若松町2-3板庄ビル2F
横須賀中央駅 徒歩 30秒
046-826-3339

ページトップへ